合同会社設立登記申請 

印鑑届書

印鑑届書は合同会社設立登記申請書の添付書類とはなっていませんが、通常は登記申請書と一緒に法務局に提出することになっています。
また、この印鑑届書に、併せて代表社員の印鑑証明書1通も添付することになります。
ここで押印した会社代表印が、後日取得できる印鑑証明書の印影となります。

 

会社代表印はあくまで模様(印影)を法務局に届け出るものですので、会社代表印に彫る文字はどのような文字・内容でも構いません。
ですから、登記上の商号がアルファベットを使用していても、カタカナを使用して代表印に彫っても構いませんし、全く関係ない文字を使用しても構いません(ただし、全く異なる文字だと、契約書などへの押印の際に、取引先から懐疑的な目で見られる可能性はあります)。
また、「代表の印」「代表者の印」「代表社員の印」など、通常印鑑中央に彫られる文字も、どの内容でも問題ありません。

 

なお、会社設立の登記申請のときに必要なのは会社代表印のみです。
会社代表印以外の銀行印・角印などは必要に応じて作成して下さい。

 

ダウンロード

こちらから法務省の申請書類ひな形(一部修正)のPDFファイルのダウンロードもできます。
※資格はカッコの中に「代表社員」と記載します。
※記載例は、株式会社のものです。

 

印鑑届書(雛形)

 

印鑑届書(記載例)



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。

HOME 設立手続きの流れ ご依頼・費用 事務所案内 お問い合わせ