合同会社設立登記申請 

法務局への登記申請

合同会社は、登録免許税として最低でも、収入印紙6万円が必要です。
収入印紙は登記申請書の2枚目に添付してください(消印は不要)。
収入印紙は法務局でも販売しています。

 

登記申請書を提出した日が「会社設立日」となりますので、ご希望の日に法務局へ登記申請書類を持って申請してください。
郵送での申請も可能ですが、郵送の場合は法務局に届いた日が設立日になりますので、郵送による到着日を十分考慮する必要があります。

 

法務局の開局時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までで(昼休みはありません)、この時間を過ぎると翌日受付となってしまい、設立日がずれてしまうことになります。

 

法務局ではその場で書類の審査はしないので、登記申請時は単に書類を窓口に提出するだけとなります。
なお、代表者以外の方が代わりに法務局に書類を提出するだけでしたら、特に委任状は不要です。

 

法務局の混み具合によって異なりますが、問題がなければ申請してから1週間から2週間程度で登記の手続きは完了します。いつ登記手続きが完了するかは法務局の窓口で教えてもらえますので、登記申請の際に「登記完了予定日」を確認しておいてください。



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。

HOME 設立手続きの流れ ご依頼・費用 事務所案内 お問い合わせ